幹細胞培養上清液の真実

 

 

幹細胞培養上清液への正しい理解

幹細胞コスメの販売と合わせて、【幹細胞培養上清液(以下「上清液」)】や【幹細胞培養上清液治療】も皆様にとって身近ワードになってきた様に思われます。その一方、溢れる情報の中には不正確であったり真偽の怪しい情報も見かけるようになり、幹細胞化粧品及び幹細胞培養上清液の正しい理解に誤解をあたえる状況が見受けられるのも事実です。

当社では、医療機関でも利用されている確かな幹細胞培養上清液を利用し、化粧品を中心とした企画から販売までのサポートを行っております。本ページをご覧頂くことで、幹細胞コスメを購入される皆さま及び製造される企業様・病院様ともに、上清液の正しい理解への一助となれば幸いです。

幹細胞培養上清液とは

人の体内には60兆個の細胞が存在しており日々新陳代謝を繰り返していますが、この失われた細胞を補う能力をもつ細胞を「幹細胞」と呼びます。

人由来幹細胞培養上清液とは、人の、間葉系幹細胞(歯髄・脂肪・骨髄・臍帯)と呼ばれる幹細胞を培養し、その培養液から幹細胞を取り出したうえ滅菌及び各種処理などを施した上澄み液(上清液)のことを指します。

この上清液は細胞の分化や増殖を促進するタンパク質(成長因子・サイトカイン)など生理活性物質を多種多様に含んでおり、体内で損傷を受けた組織や細胞の修復を行う重要な役割を担っています。また、これらのサイトカインがもたらす効果は肌の衰えや毛髪再生などのエイジングケアにとどまらず、その「抗炎症効果」や「神経の再生」は各種疾患への対応にも活用されております。

当社ではこれまで提供をして参りました上清液の経験とノウハウをふまえ、人歯髄由来幹細胞培養上清液及び人脂肪由来幹細胞培養上清液を中心に、化粧品への応用を行っております。
(最新の研究では、医療分野における上清液治療が幹細胞治療と同等(以上)の効果があるとの発表もあります)

なお、上清液は人の細胞から分泌されたより自然な成分であり、細胞自体は一切含まれておりません(厳密に言えば上清液の活用や治療は再生医療ではありません)。そのため、良質な幹細胞培養上清液を利用するにおいて、上清液を原因とする副作用の報告は当社が利用しているブランドにおいてはございません。

幹細胞培養上清液の真実

1. 幹細胞培養上清液の概念は日本で発見されたものであることを、皆様はご存知でしょうか?
幹細胞化粧品が徐々に一般的になっていく中で、様々な由来やそれを含有する化粧品を目にする機会が多くなりました。また、上清液自体が海外製のものを使用している製品も多くあることから、上清液がどの様な経緯で開発されたかを気に掛ける方はほとんどいらっしゃらないでしょう。
上清液の研究は日本がリーダーである視点から幹細胞コスメを選ぶのもポイントかもしれません。

2. 培養上清の難しさ
幹細胞の培養は非常に繊細な作業を有するもので、一定の品質かつ良質な上清液を精製するには一朝一夕でできるものではありません。高品質を保つには、裏打ちされた経験とノウハウ、そして技術が非常に重要な要素を占めます。
また、その由来を使用しているから同じ良質なものができるわけではありません。
(由来原料が同じであれば品質も同じであるとすると、仮に脂肪由来と銘打つものはどこの製品も同じ品質ということになってしまいます。)従って幹細胞コスメを選ぶ重要ポイントは、優良な原材料を使用して作られた上清液であるという点も見逃してはならないポイントです。
なお、医療機関様及び企業様にはご利用予定の上清液のデータは開示させて頂きます。

3. 幹細胞化粧品を選ぶにあたり
上記の点において、良質なヒト幹細胞培養上清液を利用する際のコストはどうしても高額になってしまいます。ただし、上清液は化粧品原料としての届出はあるものの医薬品でありませんので、高価効能を記載することができません。そのため、最終的には皆様ご自身で実感して頂くことも重要な点になります。
その点、クリニックでの上清液を含む院内調剤薬や、直接説明が受けられるドクターズコスメは、選ぶうえでの納得しやすい商品の一つでしょう。